ふらだんす

cover

「ふらだんす」について

『ふらだんす』はWEBページ上で動画を再生することが出来る、Adobe Flash Playerプラグインを利用したフリーウェアです。
お手持ちの動画をWEB上で簡単に公開でき、一般的なHTTPサーバーからのプログレッシブ再生のほか、著作権保護や大容量コンテンツに対して効果的なFMS(Adobe Flash Media Server)からのストリーミング再生にも対応しています。
WEBページのソースをいじるのが苦手な方でも簡単に設置していただけるよう、専用の貼り付けコードジェネレータをご用意しました。

「ふらだんす」の機能

  • .flv、.mp4、.f4v形式の動画をWEBページ上で再生
  • HTTPプログレッシブ、FMSによるストリーミング再生に対応
  • 動画をフルスクリーンで再生可能
  • 貼り付けサイズに合わせて自動的に動画をリサイズ
  • 自動再生、ミュート、音量の調整機能
  • 操作パネルの表示・非表示機能
  • サムネイル画像を表示可能
  • 再生完了後にハイパーリンクを表示可能

動作環境

対応プラグインバージョン

Adobe Flash Player 10.3以上

対応動画ファイル

拡張子 MIMEタイプ 備考
.flv video/x-flv 動画コーデック:Sorenson Spark / On2VP6
音声コーデック:MP3
.mp4 video/mp4 動画コーデック:H.264
音声コーデック:MP3、AAC
.f4v video/mp4 動画コーデック:H.264
音声コーデック:MP3、AAC、HE-AAC

※.mp4ファイルをプログレッシブ再生する場合は動画ファイルのエンコードを行う際(または行った後)にメタデータ(moov atom)をファイルの先頭に配置する必要があります。

設置方法

WEBサイトへの設置

1.「ふらだんす」をダウンロード・解凍後、「fladance.swf」をご利用になられるWEBサイト上へアップロードします。
 (プログレッシブ再生の場合は動画ファイルと同じサーバー上にアップロードする必要があります)

2.貼り付けたいページのHTMLソース内に、下記にてご説明する書式のコードを記述します。
 (貼り付けコードジェネレーターを利用すると簡単です)

3.WEBブラウザで動画の再生を確認します。

コントロールバーと貼り付けサイズの関係

プレーヤーを設置する際に指定するサイズは、コントロールバーを表示する場合、その縦幅の20pxを含んだ大きさになります。
コントロールバーの最小サイズは横150px縦20pxで、横200px以上の場合はシークバーの横に時間が表示されます。

設置時の横幅 コントロールバーの表示 動画表示サイズ
横幅:200px以上 表示設定を反映
シークバー横に時間表示可能
コントロールバー表示時:
動画の横幅=設置サイズ
動画の縦幅=設置サイズ-20px

コントロールバー非表示時:
動画の横幅=設置サイズ
動画の縦幅=設置サイズ

横幅:150px以上 表示設定を反映
横幅:150px未満 自動的に非表示 動画の横幅=設置サイズ
動画の縦幅=設置サイズ

機能設定

再生する動画ファイルや各機能の設定は<object>、<embed>タグに「flashvars」というパラメータを設定して行ないます。

<object>タグの場合の書式:<param name="flashvars" value="項目1=値1&項目2=値2&…">
<embed>タグの場合の書式:<embed …省略… flashvars="項目1=値1&項目2=値2&…">

flashvarsに設定できる項目には以下のようなものがあります。

項目名 説明 設定値 デフォルト
fms_app FMSアプリケーションディレクトリまでのパス
※ストリーミング再生の場合のみ設定可能
文字列

例)rtmpe://fms3.udx.streaming.jp/vod/_definst_

なし
video_file 動画ファイルのパス
※ストリーミング再生の場合はストリーム名
ストリーミングの場合:
動画のストリーム名
例)mp4:46e2142782344ba136311b9e06f72a41/mp4-sample1-625k.mp4

プログレッシブの場合:
貼り付ける「ふらだんす」からの相対パス若しくは絶対パス
例)mp4-sample1-625k.mp4

なし
image_file サムネイル画像のパス 貼り付けるページからの相対パス若しくは絶対パス
例)thumb.jpg
なし
link_url 再生完了後に表示されるリンク先URL http://またはhttps://から始まる絶対パス(v2.1.3にて現仕様に変更)
例)http://www.streaming.jp/
なし
autoplay 自動再生のON・OFF true, false
例)ON=true OFF=false
false
mute ミュートのON・OFF true,false

例)ON=true OFF=false

false
vol 音量 0~1.0までの間の数値
例)0.5
0.3
controllbar コントロールバーのON・OFF true,false
例)ON=true OFF=false
true
buffertime バッファする時間(秒) 数値※プログレッシブ再生にはほとんど影響しません
例)5
10

プラグインの動作設定

フルスクリーン再生を行なうためには「allowfullscreen」パラメータに「true」を設定する必要があります。

<object>タグの場合の書式:<param name="allowfullscreen" value="true">
<embed>タグの場合の書式:<embed …省略… allowfullscreen="true">

項目名 設定値

備考

allowfullscreen true swfファイルのフルスクリーン表示を許可する

プログレッシブ再生とFMSによるストリーミング再生

「プログレッシブ再生」と「ストリーミング再生」で、動画ファイルの設定方法が異なります。
また、「ストリーミング再生」の場合は利用する動画ファイルの種類によっても設定方法が異なってきます。

再生方法 動画ファイル

設定方法

プログレッシブ再生 .flv / .mp4 video_file:動画ファイルのパスを設定
ストリーミング再生 .flv fms_app:ストリーミングサーバーのアプリケーションディレクトリまでのパスを設定
video_file:ストリーム名を設定(拡張子は省略する)
.mp4 fms_app:ストリーミングサーバーのアプリケーションディレクトリまでのパスを設定
video_file:ストリーム名の先頭に「mp4:」を追加して設定

貼り付けコードの記述例

 <object classid="clsid:d27cdb6e-ae6d-11cf-96b8-444553540000" codebase="http://download.macromedia.com/pub/shockwave/cabs/flash/swflash.cab#version=10,0,0,0" width="横幅" height="高さ">

<param name = "flashvars" value = "fms_app=FMSアプリケーションディレクトリのパス&video_file=動画ファイルのパス&image_file=サムネイル画像のパス&link_url=リンク先のURL&autoplay=オートプレイのON・OFF&mute=ミュートのON・OFF&volume=音量&controller=操作パネルの表示・非表示&buffertime=バッファ時間" />
<param name="allowFullScreen" value="フルスクリーン化を可能にするかどうか" />
<param name="movie" value="ふらだんすswfファイルのパス" />

<embed src="ふらだんすswfファイルのパス" width="横幅" height="高さ" allowFullScreen="フルスクリーン化を可能にするかどうか" flashvars="fms_app=FMSアプリケーションディレクトリのパス&video_file=動画ファイルのパス&image_file=サムネイル画像のパス&link_url=リンク先のURL&autoplay=オートプレイのON・OFF&mute=ミュートのON・OFF&volume=音量&controller=操作パネルの表示・非表示&buffertime=バッファ時間" type="application/x-shockwave-flash" pluginspage="http://www.macromedia.com/go/getflashplayer" /></object>

貼り付けコードジェネレーター利用方法

必要な事項をフォームに入力するだけで、プレビューと貼り付け用コードの生成が可能です。

埋め込みコード生成

貼り付けコードの生成

各フォームに必要事項を記述し「貼り付けコード生成」ボタンを押すと、ページ下部の「html貼り付けコード」エリアに貼り付け用のタグが生成されます。
こちらをコピーして貼り付けたいWEBページのソース上にペーストしてください。

複数の動画をひとつのページに貼り付ける場合

動画ごとに一意の貼り付け名を設定してください。

更新履歴

2013.04.12
セキュリティの修正を行ったバージョン2.1.5を公開しました。
エラーメッセージをプレーンテキスト表示に変更し、javascriptの動作を行えないようにしました。また、ExternalInterface.call()を受け付けないようにしました。
2012.07.02
セキュリティの修正を行ったバージョン2.1.3を公開しました。
link_urlにてhttp://またはhttps://から始まるURL以外のものを設定した場合、エラーを返します。
2012.07.02
対応動画ファイルに.f4vを追加。.mp4の補足としてプログレッシブ再生する場合はメタデータ位置がファイル先頭にある必要がある旨を追記しました
2010.04.05
SWFObjectのDynamic PublishingとIEの組み合わせで動画の表示崩れが起こる場合があったものを修正しました。
2009.12.17
パラメータ「video_file」の解説ミスを修正しました。
2009.09.11
コードジェネレータのembedタグ部分に不具合があったため修正しました。
2009.09.09
「ふらだんす v2.0」を公開しました。

■「ふらだんす」利用規約

  • (株)ストリーミング・ジャパン はユーザーがWWWにアクセスされるための準備、方法などについては一切関与いたしておりません。
  • (株)ストリーミング・ジャパン は現在、「ふらだんす」を提供しておりますが、将来においてサービスを追加したり、変更、削除をすることを、ユーザーへの通知なしに行う場合があります。
  • (株)ストリーミング・ジャパン はユーザーがこのサービスを利用されたことに起因する損害については責任を負いません。
  • (株)ストリーミング・ジャパン は本サービスの無断転売、無断転用は硬くお断りいたします。
  • 本サービスに含まれているコンテンツや情報(データ)に関する財産権は(株)ストリーミング・ジャパンまたは(株)ストリーミング・ジャパンに当該コンテンツ等を提供している提携先に帰属しています。
  • 本サービスの利用は、ユーザーご自身の責任において行っていただきます。(株)ストリーミング・ジャパン はサービス内容(真偽、正確性等)、提供の状態、アクセスの可能性、使用の状態については一切保証しておりません。
  • (株)ストリーミング・ジャパンは、サービスがユーザーの希望を満たすこと、サービスの提供に不具合やエラーや障害が生じないこと、サービスから得られる情報等が正確なものであること、サービスを通じて入手できる情報などがユーザーの期待を満たすものであること、提供されるサービスの不具合やバグが修正されること、については一切保証しておりません。
  • サービスのご利用はご自身の責任で行っていただきます。リスクはユーザーご自身が負担することになりますので、これらの行為の結果生じる損害についてはユーザーがすべて責任を負います。

    2009年9月9日制定


利用規約に同意する

ふらだんす 無料ダウンロード
最新版:バージョン2.1.5 [2013.4.12版]

埋め込みコード生成

サブコンテンツ

このページの先頭へ